相模鉄道株式会社様が現場でのおもてなし英語力向上を目的に当検定を採用することになりました

相模鉄道株式会社様が、インバウンド対策として現場での英会話力向上を目指し、「英語応対能力検定」を取り入れることになりました。第4回B日程(2018年11月15日~12月14日)の受験で、現在の実力を測ります。その後、旺文社が開発した検定公認eラーニング「ココマナ」で学習し、第5回A日程(2019年2月20日~3月15日)の受験で、その成果を検証するプログラムです。

※プレスリリースはこちら
※毎日新聞の記事はこちら