業種別:販売試験

(株)オンワード樫山
ポール・スミス六本木店
ファッションスタイリスト

紀野愛結 さん

第3回A日程受験

必要なひとことやフレーズを使うシーンが設定されていて役立ちます

受験した動機をお聞かせください

受験した当時は、百貨店内のショップに勤務していました。
その百貨店では、外国人のお客様は10%OFFで免税もありましたので、外国人のお客様が非常に多く、購入単価も高いので英語できちんと説明したいと思っていました。
そんな時、公認学習機と合わせた「英語応対能力検定」受験の補助制度を会社から受けることができ、昨秋から公認学習機を使って学習を始め、成果を測るために検定を受験しました。 

受験した感想をお聞かせください

もともと英語は好きで、他の検定を受けた経験もあるのですが、スピーキング試験では少し緊張しました。
この検定に向けた公認学習機でも、実際の試験でも、業務に必要な英会話のひとことやフレーズを使うためのシーンが明確に設定されていてとても役に立ちます。
しかも、きちんとしたフレーズを覚えられます。 
実際の業務では、外国人のお客様の接客に際し、単語を並べるだけでも通じることも多いのですが、きちんとしたフレーズを使いこなせれば、より良い接客につながるのではないかと思います。
お店のある六本木(東京都港区)は観光客はもとより、居住されている外国の方も多く、半数が外国人のお客様という日も珍しくありません。
この検定を通し、よりきれいな英語、より丁寧な英語で接客したいというモチベーションにもなりました。