英語応対能力検定の運営会社
「学びUP(アップ)コミュニケーションズ」設立

「英語応対能力検定」の運営主体となる合弁会社「株式会社学びUP(アップ)コミュニケーションズ」が26日、設立されました。
(株)旺文社、カシオ計算機(株)、(株)毎日新聞社の3社は今年8月25日、「英語応対能力検定」事業で基本合意したことを共同発表し、合弁会社設立に向けて準備を進めていました。
合弁会社の本社は東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル内に置き、社長は大澤孝夫・旺文社取締役が就任。資本金は4億5000万円(資本準備金含む)で、出資比率は旺文社とカシオ計算機がそれぞれ40%、毎日新聞社が20%。事業内容は検定試験の実施とレベル認定。

また、本日、検定の試験期間と申込期間などの概要を決定しました。
試験期間:2017年3月1日(水)12:00~2017年3月31日(金)17:00 期間中は24時間受験可能
申込期間:2017年1月16日(月)12:00~2017年2月22日(水)17:00 期間中は24時間受け付け
受 験 料:6500円(税別)
試験の種類:業種別(販売・宿泊・飲食・鉄道・タクシー)と、一般

当検定は、「聞く」「話す」の2技能を中心に実践で役立つ英語力を測るものです。
合否判定ではなく、「知識」「理解「応答」の三つの観点から到達度(A、B、C、D)を評価します。