「『英語応対能力検定』その学習法は」ー
webサイト「J-CASTトレンド」に掲載されました

英語応対能力検定と公認学習機の活用について、J-CASTトレンドの「最新トレンド」で紹介されました。
当検定協賛企業の(株)松屋様、(株)三越伊勢丹様、(株)ビックカメラ様を例に挙げ、
「サービス業では、訪日外国人客の増加を受けて、英語応対能力検定の導入が進んでいる」としています。

◇紹介記事は、こちら